コドモの力はむげんだぜ!

活動報告

移動式子ども基地(児童館)in白石 7/31

2012年7月31日(火) 
12:00~16:00 
場所:白石市亘理町 白石第一児童館
担当:星野、大野

内容:

今回は初の宮城県白石市亘理町での活動でした。
先月の気仙沼での活動の縁から、再びダイナムさんの企業ボランティアの方々とご一緒でした。
白石第一児童館に集まった子どもたちは、その数なんと100名!

この日も中で外で色んな遊びを展開したり、
子どもたちの発想で新たな遊びが始まりました。
まず外では、巨大コリントがやはり大人気☆凄まじい勢いでモリモリ組み立てていきます。

「これ全部ちょうだい!!」と男の子はありったけの紙筒を子ども基地から取出すと、
ひたすらそれをジョイントしていき、過去最長のコースを作り出しました!
更に木琴やシンバルを持ってきて音のなるゴールを作ったり、
見てるこちらのワクワクが止まらないすんごいコリントが出来上がりましたー!

1つ新たなアイディアを思いつき、完成させると
「うおーすげー!ねー見て見て!!」
と腕を引っ張ってくる子どもたちの感性が素敵でした。

他にもコリントしてると思いきや突如、水鉄砲合戦が始まったり、

楽器演奏隊の行進が始まったりと、
子どもたちと本当に自由な遊びの時間を共有できました。

その頃中では、

外遊びに疲れた子たちが絵本を読んだり、
隣の部屋でお昼寝したり、
はたまた革や自然素材を使ったクラフトをしたりしていました。
革クラフトでは、アートな作品を作る子やごっつい旗を作る子がいたりと、
こちらも自由な時間が生まれていました。

最後の最後まで
「私、○○小の5年2組だからね!来てね!」
「僕は3年1組だから!!」
と自分の教室に遊びにくるようせがむ子どもたちの姿が忘れられません。

絶対にまた遊びにいくよ!

みんなありがとう!

※日産プレジデント基金 あそびプラスOne プログラム


PAGE TOP