コドモの力はむげんだぜ!

活動報告

子どものまち・いしのまき 10/13(土),14(日)

子どものまち・いしのまき
〜石巻ではじまる、子どもが主役の子どものまち〜
【日時】10月13日(土),14日(日) 10時~15時
【場所】アイトピア通り界隈 (宮城県石巻市中央)

20以上の団体が協働し開催した世界初の「こどものまち」×「ストリートパーティ」×「プレイカー集結」イベントが

大盛況のうちに幕を閉じました!
2000人近い親子が市内各地から集まってくれ、
普段は子どもが殆どいない地域に、この2日間は子どもたちの熱気と笑顔が溢れました。

子どもの参画による震災復興まちづくりとして位置づけたこのイベントでは、

子どもたちが街中にある実際のお店や空き店舗を使い公共機関や行政、本屋や雑貨屋といったお店屋さんを行ったり、
スタイリストや番組づくりなどの各種サービスを提供したりしました。


イベントの当日はもちろん、事前の準備から子どもたちは何度も成長をみせてくれました。
医療グループで「命の誕生を伝えたい!」と想いをぶつけ看護師の大人を本気にさせた子、
1週間後に殺処分を控えた保健所の犬の里親を必死に探した子、
ハローワークで求人が不足した際に自分の持つ求人票を友人に販売し始めた子、
もうお金はいらないからずっとやるんだと言って大工仕事に夢中になった子、
ものづくりコーナーにあったペンキで偽貨幣の製造を試みた子、
臨機応変に商品を値引いて販売数を上げていった子、
ここにはあげきれない程の子どもたちの閃きや好奇心を目にすることが出来ました。
子どものまちというきっかけの中で、リアルなまちの仕組みに触れ、リアルなまちを体現してくれました。
そしてまちに親しむ事で、自分たちのまちに誇りを持ち、まちに積極的に参加していくきっかけになってくれればと思います。

今回2日目には100メートル近く道路を封鎖し、

人工芝を敷き詰めや道で子どもも大人も一緒になって遊べるストリートパーティを開催しました!
石巻をはじめ多くの被災地では子どもたちの遊び場が仮設住宅に変わっています。
1000人以上の親子がみんなで遊べる今回のストリートパーティは本当に大盛況!!

子どもが遊べる場所を求めて遠方から来て下さったご家族もいました。

また震災後の転校などにより離れ離れになっていた子どもたちが再会を果たすなど、
被災地におけるイベントの意義も再確認しました。
まちを舞台にしたこのイベントが子どもたちの縁を再び紡ぎ出し、
まちに関わる全ての人と子どもたちの間に新しい縁が育まれていきますように。
 そして石巻を担っていく子どもたちが未来を考える第一歩になりますように。


いつか震災復興活動を超えて、地元とよそ者の枠を超えて、みんなが共感・共働・共楽し、
世界に、後世に、大切なメッセージを発信するイベントになる予感がします。
そしてこれまで石巻で関わっているボランティアさんと地元の方々が、毎年石巻に集うきっかけになればうれしいです。
今回のイベントを通して繋がることのできた全ての方々に感謝します。
ありがとうございました。

 


PAGE TOP