コドモの力はむげんだぜ!

活動報告

移動式子ども基地2号「サミー号」会議in登米

場所:登米市
担当:星野

ボランティア団体「こども∞感パニー(震災から二年後、

め組ジャパンのボランティアの有志が集まってできた団体)」と
移動式こども基地2号(プレイキッチンカー通称サミー号)の改造計画
今後の運営方法ややり方を話し合いました。
サミー号のキッチンを改造し、もっとワクワクし、
子どもも大人も「遊び×食の出前」でもっと幸せになるような
私たちらしい車に改造しようという意図で。

そして、ついに面白いアイデアが出ました!

それはアースオーブン付きの土壁CAR!!
土で作ったオーブンや竈が搭載され、ピザやご飯をマキで炊くことができる。
さらに車の内装は土壁。しかも、それをみんなで地球に感謝しながらつくる!!
サミー号で出動し、みんなで遊んで、飯を作って、集って食べる。
何とシンプルだが豊かな時間なのか。想像しただけでワクワクがとまらない。
改造する過程や車検など、いろいろ課題があるかもしれないが、
絶対に実現させてみせるぞー。

また、「こども∞感パニー」の団体の成長を支えることもとても重要!!

5月から東京のプレイパークのリーダーが移住し、4人になった。
彼女たちを支えることが、現地の子どもやその家族を支え続けること。
この支援も末長く続けます。

「また行くよ!待っていてサミー号、待っていてこ感パニー、待っていて東北の子どもたち、大人たち!」

(文:星野)
新しい記事
カテゴリー
過去の記事

PAGE TOP