コドモの力はむげんだぜ!

活動報告

仮設住宅訪問@石巻市須江地域6

日時:2013年6月22日
場所:石巻市・仮設住宅(須江地域)
担当:森 玲子
子どもと大人が対等に共にいる空間づくり

月1回お邪魔している須江地域の仮設住宅に行ってきました。

コドモ・ワカモノまちingでは、石巻の団体(にじいろクレヨン)と協働して、

子どもたちが安心して遊べる環境づくりに取り組んでいます。
子どもたちが遊びに没頭できるためには、
まわりの大人が「安心」を感じていることがとても大切…と感じたことから、
遊び場と並行して「おとなサロン」を開催することになりました。

そんな想いでスタートした「遊び場×サロン」の活動、その関係も大切だけど、
いまでは、そんな前提がすべてではなくなっています。

当初、月1回しか会えないこと、訪問しても特別な「技」や「プログラム」が

あるわけではないことなど、実は、ちょっと気になっていました。
個人的にも、どんどん前に出てコミュニケーションとれるタイプではないし…。
でも、時間が経つにつれ、定期的に、約束通りに会えるということが、
とても大切に思えてきました。
毎月毎月、皆さんにお会いして、ご挨拶して、おしゃべりして、
笑いあって、聴きあって、お茶飲んで、「来月も来ます」…と伝えて。
その繰り返しの中から、今はなにか「信じる」に似た関係性
(信頼関係…とはちがうけど)が生まれつつある気がします。

また、最近は、仮設住宅で「日常」生活をおくる方々にとって、

外部からの訪問者は「日常」と「非日常」のはざまにある存在なのではと感じたりします。
「日常」生活のなかで、あの日を境に混乱している「日常」と「非日常」を語りながら、
現在と未来をみつめていらっしゃるのでは…と。
昔の暮らしのことを話すときに、それが「日常」だったことを想いだして
かみ締めるように語ってくださる方もいます。
私たちにできることは、毎月毎月、そのかたわらにいさせていただき、
共に時間を過ごすことなのかも…と思います。

現在わたしは、須江地域と蛇田地域の仮設住宅に定期的にお邪魔しています。

明日は蛇田の仮設住宅にお邪魔してきます。

【協働団体】

NPO法人にじいろクレヨン http://nijiiro-kureyon.jp/

【これまでの訪問】

・2012年10月20日 http://mugen.k-w-m.jp/1606
・2012年11月24日 http://mugen.k-w-m.jp/1656
・2013年3月16日 http://mugen.k-w-m.jp/1901
・2013年4月20日 http://mugen.k-w-m.jp/1995
・2013年5月4日 http://mugen.k-w-m.jp/2025
・2013年6月22日
新しい記事
カテゴリー
過去の記事

PAGE TOP