コドモの力はむげんだぜ!

活動報告

子どもと遊び場づくり@石巻

日時:2016年3月27日
場所:石巻市 黄金浜
担当:星野 諭

黄金浜ちびっこ広場(現地NPOと住民が運営している遊び場)で

これまでの遊び場づくり等で出た端材や魚網をつかって、
子どもたちと世界でたった一つのサッカーゴールとバスケットゴールを作りました。
まずは材料選びです。割れているモノ、釘が刺さっているものなどを確認しながら、
同じ長さに並べます。次にサッカーゴールは、ぶつかっても折れないように
ある程度の強度が必要ということで、三角型のゴールになりました。

次に、地面に材料を配置して全体像を共有し、のこぎりで切り、トンカチで釘を打ちます。

いつの間にか小学生のお兄ちゃんが幼児にのこぎりを教えていました。
ただ、釘のみのため打ち込み方向には抜けやすく工夫が必要。
どの方向から力がかかっても、抜けないようにしないといけないので、
子どもたちと相談しながら、木っ端で補強していきます。
あと、子どもたちが木材を斜めに切るのは難しかったので工夫が必要でした。
最後に漁網のネットを打ちつけて、2~3時間で完成しました。
その後、みんなで楽しくサッカーして遊びました。

さて、バスケットゴールは自転車などの車輪と木材、網を組み合わせて作りました。

まず、車輪を釘数本で柱に打ちつけて使ったバスケットボールづくりを子どもが制作しました。
しかし、ダンクシュートすると壊れてしまいやり直し。
いろいろ試行錯誤しましたが、なかなかダンクシュートに耐えるゴールをつくるのは難しく
とりあえずしばらくはダンクなしルールになりました。
でも、今後はダンクできるようにしたいとのこと・・・。
私たち大人にも楽しい宿題ができました。

お金で買えば、すぐに済んでしまう遊具ですが、子どもと一緒に試行錯誤し、

自分たちでつくるこのプロセスで、知恵と生きる力が育まれます。 
ぜひ皆さんも制作してみてください!!


PAGE TOP