コドモの力はむげんだぜ!

2012年6月

子ども連絡会 in石巻 6/17

2012年6月17日(日) 
18:00~22:00 
場所:石巻市 
担当:星野、大野

内容:

第2回目となった子ども連絡会。
市内で子ども支援活動を行う団体・個人が集まりました。

前回議題にあがった子どものまち+ストリートパーティについて、

話し合われました。
少しずつですが実現にむけ動き出しています!!
10月に開催できるよう、これから猛スピードで進めていきます!
みなさんどうぞ宜しくお願いします!

子どもと一緒に遊び場づくり in石巻6/17

2012年6月17日(日) 
10:00~16:00 
場所:石巻市渡波(わたのは)  黄金浜ちびっ子広場
担当:星野、大野

内容:

石巻市渡波(わたのは)にある黄金浜ちびっ子広場ではめ組JAPANと協働し、
子どもと一緒に時間をかけつくるアースシップな遊び場プロジェクトが始動中です!
子どもと一緒に、地域と一緒にその広場の未来を考え、共に材料を集め、
草木土などの自然素材や廃棄物を再活用し、自らの手作りでつくっていきます。

最近、地域の方々の協力で遊び場の認知度が高まり、

離れた場所からも子どもたちが遊びに来るようになり、
少しずつですが色々な子どもたちの居場所になりつつあるようです。
そして遊び場は今まで以上の賑やかさに包まれています。

この日も色んな場所で、それぞれが自由に遊びを作り出していきます。

男の子は一人で黙々と家づくり。

廃材をクギで繋ぎとめ、床はしっかりと角材の上に載せます。
さらにボランティアの力を借りながら必死に廃材を運び、
トンカチで少しずつ壁として板材をとめていきます。
しかし余りに夢中になったのか、すべての面に壁を取り付けてしまい、
中に入れないというまさかの事態に笑
それでもめげずに何とか入口のあるお家を完成させました。

こちらでは、子どもたちが手づくりの遊具を制作中です。

遊び場にある廃材やブロックなどをかき集め、
イメージ通りに作り上げていきます。
壊れたらすぐに直すだけでなく、もっと面白くさせようと変化させます。
ルールを考えもっとワクワクしようとします。

完成されたものを与えるだけでは育たない想像力や感性、
見ることのできない表情や個性を、この遊び場ではいつだって育んでくれます。

そしてこの日のビッグニュースといえば、遊び場にプレイカー&プレイトラックが集結したことです!
10月には更に多くのプレイカーを道路封鎖した石巻の街中に集まります!
 乞うご期待です!!

め組JAPAN http://maketheheaven.com/megumijapan/

移動式子ども基地(児童館)in気仙沼 6/16

2012年6月16日(土) 
13:15~15:30 
場所:気仙沼市古町児童館
担当:星野、大野

内容:

この日は初の宮城県気仙沼市での活動です。
気仙沼市古町にある古町児童館さんとコラボし、
「古町ぐるにょき迷路 ~木の国・音の国・おやじの国が現れる!~ 」を開催しました。

児童館のスタッフさんと僕ら、

さらに東京の企業ボランティアの方々や地域のおじちゃんと高校生が加わり、
児童館のなかに3つの国につくり、そこを迷路で繋げていきます。
事前に設計図を用意することはせず、集まった方々と一緒に考え作り上げていきます。

集まった子どもたちで受付けがパンクしかけたため、
予定時刻を繰り上げ開場です!笑

それぞれの国には門番と村長さんがいて、村長と仲良くなればお菓子がもらえます。

おやじの国では、門番におやじギャグを言わないと中に入れません。
迷路を抜けた先にいる村長さんは昔遊びの達人で、
コマ遊び、けん玉やメンコ遊びを習えます。
竹を使った手づくり弓矢で的当てするゲームでは、多くの子が上手く放てず大苦戦。
一人の男の子は、余りにもできずに半べそかいていましたが、
「もうやだー!やめる!でも、この弓矢はちょうだい!」
と泣きながら弓矢を持って帰ろうとしていました。笑

木の国では、入口に置いたカンナくずプールが大人気。

味わったことのない感触に、子どもたちは大興奮です。
またカンナくずが放つ木の香りに、子どもたちも
「木のにおいがするー!良い匂い!!」と喜んでくれていました。

木の国では、細暗い段ボール迷路を抜けると、村長さんの住むお家にたどり着けます。

とても狭い家なので、子どもたちでぎゅう詰めでが、
居心地が良いのか、なかなか出てきません笑
実は村長さんと仲良くなると、音の国に通じる秘密の道を教えてもらえます。
その秘密を知った子どもたちは、
「うおー、秘密の道があるんだって!!え、どこ?どこ?」と興奮を抑えられません。笑

音の国では、隠し扉の先に手づくり楽器(カズー)を作れる工作スペースがあります。

子どもたちは、そこでカズーを作ったり、
何をするでもなく寝そべったり、まったく違うことをしたりと、
短い時間でしたが、子どもたちの居場所になっているようでした。

雨にも関わらず100名の子どもたちとお母さん方が来てくれた今回のイベント。
子どもたちのたくさんの笑顔と、それを見守るお母さんたちの笑顔と、
スタッフのワクワクした様子が印象的な素敵なイベントとなりました。
皆さん、どうもありがとうございました。

「移動式子ども基地」in石巻(仮設住宅) 6/15

2012年6月15日(金) 
16:00~17:30 
場所:南境第4仮設住宅団地
担当:星野、大野

内容:

石巻市内最大級の仮設住宅である南境第3仮設住宅団地にて、
現地NPO法人にじいろクレヨンさんと協働し移動式子ども基地を開催しました!

現地に行くと既に20人以上の子どもたちが外で待っており、
さっそく集会場の中と外で様々な遊びが始まります。
外では鬼ごっごや大人気のボランティアさんとの戦いごっごが繰り広げられます。

室内では、秘密基地づくりに精を出す子どもたちが。
積み木や丸太を、野菜や食器、包丁などに見立てて料理を作ってくれます。
食パンに見立てた輪切りの木材を思い切ってみんなでかじってみると、
「おいしーー!!!甘い味がするっ!!」とまさかの展開。
その後もしばらくかじり続けていました。笑

更に秘密基地にしていた物置が手狭になると、次はなんとトイレを秘密基地に!!
この集会場も子どもたちが安心して過ごすことのできる居場所になってきたのだと思います。

他の場所では、多彩な布や革の端切れを使い洋服づくりが始まりました。

女の子はカラフルな布を、ボランティアさんに体に巻きつけてもらい、
可愛く大変身。
恥ずかしそうな顔をしつつも、とっても嬉しいそうでした。

男の子は、端切れ革の様々な形を活かしながら体に張り付けていき、

本物の王子様の姿に。革で帽子までつくると、
何だか自信に満ちた顔つきになってきます。笑

最後は3人でファッションショー!!
手を繋ぎながら部屋を往復してくれましたが、
帰りは少し恥ずかしくなったのか小走りになってました。笑

他にも革が色々なものに大変身!革の可能性に驚くばかりです。

みんなが自分で遊びを選び、遊ぶ場所を選び、

個々の感性のままに自由な時間を過ごすことができていました。
とても素敵な時間をどうもありがとうございました。

協働団体:にじいろクレヨンhttp://kodomohinanjoclub.cocolog-nifty.com/blog/

商店街・町会サポーター募集中!

当プロジェクトは助成金等のほか、皆様からのご寄付・ご支援により運営しております。
さらに今後は多くの商店街・町会の皆様と連携し、
被災した地域と主に都内の地域を結びながら、
2021年までの10年間継続してプロジェクトを進めていきたいく思います。

そこで現在、商店街・町会サポーターを募集しております。

以下、提携させて頂いています商店街・町会の皆様になります。

【商店街】

神田駅西口商店街様

 

チョークのご支援を頂きました

日本理化学工業株式会社様より、
色とりどりのダストレスチョークを段ボール13箱分ご支援頂きました。

日本理化学工業(株)様は75年間ダストレスチョークの製造を行い、

そして53年間に渡り積極的な障がい者雇用を行ってきた企業様です。
70%以上の社員が知的障害を有していますが、その能力の中でのびのびと働いています。
この様な企業様からご支援頂けますことを誇りに思います。
心より御礼申し上げます。

チョークは宮城県における震災復興支援活動や都内のイベントにおいて活用させて頂き、

子どもたちとたくさんの落書きをしていきたいと思います。

*当プロジェクトは助成金等のほか、皆様からのご寄付・ご支援により運営しております。

 
 2021年まで、10年間継続して取り組むプロジェクトです。
 引き続きのご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 詳細はこちらをご覧ください。

まちのカケラワークショップ in東京 6/2,3

2012年6月2日(土)、3日(日) 
10:00~16:00 
場所:東京 
担当:星野、大野

内容

先月石巻で集めたまちのカケラ=瓦礫を利用した工作ワークショップを、
東京NHKで行われたイベントECOパークにて開催しました。
ワタノハスマイルのトモさんと協働した今回の企画は、
震災から1年以上が経ち、
少しずつ薄れつつある3.11を発信していく趣旨です。

子どもたちは震災とは関係なく面白そうに工作します。

恐らく今は3.11のことを、この企画を機に深く考えることはないかもしれません。

けれど、5年10年経った時に持ち帰った作品を見て、

改めて3.11の事を振り返るキッカケになるかもしれない。
今という時間軸に縛られることなく、3.11を発信していこう。
そんな想いを込めました。

今後は、まちingとしても都内イベントにて同様の企画を行っていきます。

乞うご期待です!

協働団体:ワタノハスマイルプロジェクトhttp://www.watanohasmile.jp/

巨大クジラペイント in東京 6/2,3

2012年6月2日(土)、3日(日) 
10:00~16:00 
場所:東京 
担当:星野、大野

内容 渋谷で行われたNHKECOパークにて、 イラストレーター藤井華丸さんとアートワークショップを行いました。

子どもたちとボランティアの学生さん達が手足を使い、 巨大な生地に思い思いにペイントしていきます。 子どもたちはペンキのついた足で飛び跳ね大興奮の様子! 学生たちの洋服もペンキまみれとなりました。

ペイントが終わり、事前に生地に張っておいたガムテープを皆で剥がすと、 ・・・何とカラフルな巨大なクジラが!!

皆で力を合わせて作成した今回の作品は僕らが頂き、 石巻や気仙沼の活動で使わせて頂くことになりました。 みなさん、ありがとうございました。

担当:大野


PAGE TOP