コドモの力はむげんだぜ!

2012年9月

石巻の風景・食欲の秋!

石巻は、朝晩すっかり冷え込むようになりました。

匂いはすっかり、秋。

そして味覚もすっかり、秋!!

石巻は、美味しい食べ物がたくさんあります。

秋のサンマは、なかでも格別☆
お昼に入ったお店で、サンマの塩焼きとごはんセットを頼みました。
とってもアブラがのっていて、肉厚で、ハンサムなサンマでした。

街にも落ち葉がちらほら。。。

田んぼは黄金色の稲が刈りとりを待っていました。

(2012.9 かわもり)

仮設住宅におけるコミュニティづくり② 9/23

2012年9月23日(日)

担当:川森

前日の会議を受けて、まずは、2号仮設の方に相談してみることにしました。

談話室でお茶を飲みながらいろんなお話をうかがいました。

…まわりで子どもたちが走り回っていましたが(^_^.)

お話を聴いた方の中に、一号仮設に知っている人がいる!という方が。

突然でしたが、一緒にお話しを聴きに行ってくださることになりました。

1号仮設では、2人の方からお話しを聴くことができました。

団体の訪問などはほとんどなく、いろんな団体を呼びたくても、
方法がわからなかった…など、現状をいろいろお話してくださいました。
2号仮設のことや、日々のことなど、いろんな情報交換をして、
ご家族のことや、お孫さんのことなど、たくさんのお話を聴かせていただきました。

あっという間に1時間を超過。

今後も相談しながら、1号仮設でのお茶会を一緒に考えていきたい…ということになりました。

最後に、2号仮設で10月14日に開催予定の秋まつりにお誘いをしました。

今回、たくさんのお話を聴かせてくださった皆様に感謝しております。

協働団体:にじいろクレヨンhttp://nijiiro-kureyon.jp/

モザイクアート・第二弾

にじいろクレヨンのモザイクアート第二弾が完成しました。
今回はなんと12畳ほどの大きさ。
門脇の「柴田家跡」で防水処理をしていると、たくさんの車が徐行して通っていきました。

今回も、とても素敵なモザイク画になっています。

なにより、一粒ひとつぶ、子どもたちや大人たちの手で貼られていったことがすごい。
たくさんの人の力と想いを感じる作品になっています。

ちなみに、第一弾は、石巻専修大学に設置されてます。

(2012.9 かわもり)

子どものまち・いしのまき 「こども会議」in石巻 9/23

2012年9月23日(日) 
13:00~15:00 
場所:石巻市渡波(わたのは)  黄金浜ちびっ子広場
担当:星野、大野

内容:

10月13日(土)、14日(日)に石巻市アイトピア通り界隈で、
約20団体が協働し開催する「子どものまち・いしのまき」。
子どもたちの主体性を活かし、まちの仕組みや役割を担うことで創造性、感性、
未来志向性などを育む「まち体験型交流活動」です。

前回までに、子どもたちがまちを構成する様々な職業要素の中から興味のあるものを選び、

グループ毎に分かれ何をしたいかの話合いが行われました。
この日は更にイベント当日にやること、当日までにやることを具体化していきました。

ファッションチームでは、来てくれた人のコーディネートをする仕事や、

布や革でつくる小物は販売する仕事が考えれました。
みんな色んな素材を実際に見て、触り、イメージを膨らませていきます。

更にこの日は全チームのコマーシャルを撮影しました。

チームごとに檀上にあがりメッセージを発信します。
ファッションチームは、布を巻きつけた衣装と革で作った小物を身にまとい撮影です。
恥ずかしくて練習では上手く話せませんでしたが、
本番ではしっかりとカメラに向かって伝えることが出来ました。

本番まであと3週間!!

みんなで力を合わせていきますよー!
乞うご期待です!!

仮設住宅訪問@石巻市蛇田地域

日時:2012年9月22日(土)
担当:川森 玲子
◎子どもと大人が対等に共にいる空間づくり

石巻のNPO法人にじいろクレヨン、東京の企業であるフューチャーアーキテクト(FIF)のみなさんと情報交換をしました。

昨年、にじいろクレヨンとまちingが一緒にはじめた仮設住宅(石巻蛇田の2号仮設)でのお茶会、

今は週1回、にじいろクレヨンのコーディネートのもと住民の方が中心になって様々な企画を取り入れて継続しています。

お茶会で顔を合わせるようになった住民の方がたは、お茶会がない日も、

朝のラジオ体操のあとや夕方に、談話室に集まって、おしゃべりを楽しんでいるとのこと。
さらには、住民の方が講師を見つけてきて、週1回、ダンス教室もひらくようになっているそうです。

私が談話室にいるときにも、お茶うけに…と、切り干し大根や、ナシのシロップ煮、きんぴらなど、たくさんの差し入れが届きました。

そして、お茶を飲みながら、子どもたちを見守りながら、おしゃべりに花を咲かせていました。
その様子について、「ここはいいけど、こういうところはホント少ないのよ」と話してくれました。

その仮設住宅から歩いて5分もかからないところにある別の仮設住宅(1号仮設)には、

ほとんど外部からの団体やボランティアが来ていないとのこと。
そして、とっても近いのに隣の仮設住宅の方との交流や情報交換もほぼないとのことでした。

にじいろクレヨンさんは、以前から1号・2号の垣根なく、交流ができたら…と考えていました。

まちingでも、人と人をつなぐことを大切に、これまでほっこりカフェを実施してきています。
そして月1回、CSR活動の一環として石巻にきていたFIFからも、コミュニティづくりに関わりたい!…との嬉しい声が。

9月22日、にじいろクレヨン・まちing・FIFが顔を合わせて想いや現状を話し合い、

今後は協働して、なにかできることを考えてみよう!ということになりました。

協働団体:にじいろクレヨンhttp://nijiiro-kureyon.jp/

 

子どもと一緒に遊び場づくり in石巻 9/22

2012年9月22日(土) 
10:00~16:00 
場所:石巻市渡波(わたのは)  黄金浜ちびっ子広場
担当:星野、大野

内容:

お馴染み石巻市渡波(わたのは)にある黄金浜ちびっ子広場ではめ組JAPANと協働し、
子どもと一緒に時間をかけつくるアースシップな遊び場プロジェクトが始動中です!
子どもと一緒に、地域と一緒にその広場の未来を考え、共に材料を集め、
草木土などの自然素材や廃棄物を再活用し、自らの手作りでつくっています。

なんと1ヶ月半前に作り始めたウッドデッキが完成していましたーー!!!

設置場所に杭を打ち込むところから子どもたちと始めたウッドデッキづくり。
地元の大工のおじいちゃんに助けてもらいながら、
色んなところから材料をもらいながら、
お金ではなくご縁と知恵とワクワクで少しずつ作り上げていきました。
僕らが遊び場に到着すると、既に子どもたちがウッドデッキの上のベンチに座って待っていて、
もうすっかり子どもたちの居場所になっていました^^

遊びだけではなくて、

これからはウッドデッキでお月見をしたり、映画上映会をしたり、
地域の子どもたちとお父さんお母さん、おじーちゃんおばーちゃん、
みんなが集い笑って過ごせる居場所にしていきます。
本当に本当に楽しみです!

更にこの日は廃材を使って平均台を作りましたよー。

廃材から抜いて真っ直ぐに直したクギで、
廃材を繋ぎ合わせ、穴にしっかり埋めれば完成!!♪
さっそく子どもたちと大はしゃぎしました(笑)

そしてもう一つ!

1ヶ月半前になかったものが。
何と物見やぐら的なものが完成していましたーー!!
長野県から来ている中学生の手による本格派物見やぐらです(笑)
この日は廃材を利用して強度をあげ、
さらに子どもたちはマジックで結界を描いてくれました。
「これがあると悪いやつが近づいてこないんだ!」
と描いてくれたのはウンチのマークでした(笑)

震災後の昨年の冬にはブランコしかなかったこの遊び場に、

次々と遊具が増えていきます。
1つ作るために、たくさんの方に助けられ、
みんなで知恵を絞り、子どもも一緒になって作業にあたりました。
1つ完成するたびに、ご縁が広がり、
ワクワクが高まっていきました。
そして子どもたちの居場所が増えていきました。

この場所でみんなに出会えたことに感謝しています。

みんな本当にありがとう!

め組JAPAN http://maketheheaven.com/megumijapan/

「移動式子ども基地」in石巻(仮設住宅) 9/21

2012年9月21日(金) 
16:00~17:30 
場所:南境第4仮設住宅団地
担当:星野、大野

内容:

石巻市内最大級の仮設住宅である南境第4仮設住宅団地にて、
現地NPO法人にじいろクレヨンさんと協働し移動式子ども基地を開催しました!
もうすっかりお馴染みの子どもたち20人程が来てくれました。

まずは最近流行っているという虫探しへ。

仮設住宅内に残った狭い土のエリアでいつも探しているそうです。
親指くらいあるコオロギや元気いっぱいなバッタを見つけては大はしゃぎする子どもたち。
はしゃぎ過ぎて壊れた水鉄砲を虫かご代わりにして捕獲していきます。

ボランティアさんと一緒にひっくり返した大きな石の中からは蟻の巣が!!

一面に広がる蟻さんに「うおー!きもちわりー!」とビビりまくる子どもたち(笑)

室内では色とりどりの布を使って、

子どもたちがボランティアさんのコーディネートをしてくれました。
そしてなんとこの日、僕とボランティアの子の結婚式を挙げてくれましたー。
実はこの仮設住宅で結婚式を挙げてもらうのは2度目(笑)
目をキラッキラさせながら布を巻きつけていく子どもたちの姿は本当に素敵です。

室内の他の場所では、卓球が大ブーム★

机に、その場にあった物を並べて簡易の卓球版が完成!!
台が短いぶんとっても難しくて、でもそれが楽しすぎて笑いの止まらない子どもたち。
完成されていないからこそ生まれる想像もできないワクワク感。
子どもたちには、そうゆうものが大切なのかもしれないですね。

更に更に、革クラフトには子どもも大人も夢中になってました。

この日はウサギのくっついたブレスレットや「たこうさぎ」という不思議な生き物が生まれました。
 余った端切れの形をそのまま生き物に見立てのがポイントです!

あー今回もとっても楽しい時間でした。

みんな本当にありがとうございました。

協働団体:にじいろクレヨンhttp://nijiiro-kureyon.jp/



PAGE TOP