コドモの力はむげんだぜ!

2013年2月

☆ご寄付&お問合せ☆

最低10年間、震災復興支援活動を継続するための資金を支援していただける団体・個人を募集しております。

目標:1000万円/年(寄付・助成金含む)

寄付金につきましては、下記口座にて1円より受け付けております。

年間サポーターは こちら

—————————————————————————

【コドモ∞ムゲン・プロジェクト寄付金受付口座】

銀 行:三菱東京UFJ銀行 神田支店 (支店番号 331)

口座番号:普通 0033473
口座名:特定非営利活動法人コドモ・ワカモノまちing事業A
 (トクテイヒエイリカツドウホウジン コドモワカモノマツチング ジギヨウエー)

お振り込みの場合、お手数をおかけしますが、お電話もしくはメールにてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

—————————————————————————

お問い合わせ先

E-mail : info@k-w-m.jp

Tel/Fax  : 03-6806-0012

                  (NPO法人 コドモ・ワカモノまちing事務局)

==========================================

 

2/11 NEWS23X(TBS)で活動紹介(予定)

2/11(月・祝)22時54分~TBS「 ニュース23X(全国版)」の中で

当団体の 3.11震災復興支援活動「コドモ∞ムゲン・プロジェクト」

移動式子ども基地による子どもの居場所づくり(仮設住宅編)について放映される予定です!

NEWS23X(TBS)公式Facebookでも紹介 → こちら

東京と石巻でメインキャスターの膳場貴子さんが取材してくれました。

5分ほどの放送になる予定です。ぜひご覧ください!

 

 

「移動式子ども基地」in石巻(仮設住宅) 2/8

2013年2月8日(金) 
16:00~17:30 
場所:南境第4仮設住宅団地
担当:星野、大野

内容:

石巻市内最大級の仮設住宅である南境第4仮設住宅団地にて、
現地NPO法人にじいろクレヨンさんと協働し移動式子ども基地を開催しました!
この日はTBS NEWS23の取材も入りました。
トラックで仮設に到着すると30分も前から待っていた子どもたちが
「カービー~~~!!!」と出迎えてくれました。

雪の残る寒い日でしたが、

外で大縄や巨大コリント(ビー玉流し)で大はしゃぎ。
普段は震災後に転校した遠くの学校へバスで通うため、遊ぶ時間が殆どありませんが、
週に一度にじいろクレヨンさんが仮設に来る日だけはめい一杯遊べます。
だから子どもたちはこの日を心から楽しみにしています。

室内では静かに遊びたい子や寒くなった子が積み木や革を使って遊びます。

革の端切れを使いベルトやお面を作ったり、
色々な形の革や素材を大きめの革に張り付けたり、
自由な発想で思い思いに遊びます。

20人以上の子どもたちが遊びにきてくれました。

改めてこの地道な活動が子どもたちにとって大切なものであると思いを新たにしました。
にじいろクレヨンさんや僕らを信じ、子どもたちを預けてくれる親御さんにも心から感謝です。
もっともっと子どもたちの原体験が豊かになるキッカケを創っていきたいです。
みなさんありがとうございました。

協働団体:NPO法人にじいろクレヨンhttp://nijiiro-kureyon.jp/

仮設住宅訪問@石巻市蛇田地域6

日時:2013年2月3日 
場所:石巻市蛇田仮設住宅
担当:川森 玲子
子どもと大人が対等に共にいる空間づくり

2月3日に石巻でつくったカレンダー、先日、みなさまのお手元に届きました。

12月には、これまでつくったさまざまな作品が被写体でしたが、
今回は、みなさんのご要望のお応えして、
一緒につくったお雛さまをモデルに、オリジナルのカレンダーに。

それぞれ個性あふれるお雛さまにおしゃべりも盛りあがって

楽しい時間は瞬く間に過ぎていきました。

そのあと石巻名物「まめもち」や手づくりのお惣菜をいただきながらの鑑賞会。

毎回「はじめまして」の出会いもありますが、

顔なじみの皆さんが、上手に橋渡しをしてくださいます。

1か月に1回の訪問ですが、こま切れだった時間が少しずつつながりはじめているのを感じます。

ここの仮設住宅には、どこのだれかも把握する間もないくらいの勢いで

たくさんの団体が通り過ぎていった時期が長くありました。
その結果、住民のみなさんが「全然、団体やボランティアが来てくれない」と感じるほど。
私たちも、最初はたくさんの訪問者の中のひとつ。

通い始め当初の数か月、班長さんに会いにいく時間を何度も重ねました。

そのころの訪問は、班長さんにとっては「こま切れ」で、
毎回毎回、初対面のように、同じ話をしてくださいました。

そこから少しずつ住民の方に声をかけてくださるようになり、

「どこから来たの?」と私たちに関心をもってくださるようになり、
いまやっと「いつくるの? おやつ食べさせてあげたいの」と言っていただける関係に。

「東日本大震災」という言葉で活動をとらえたら、私たちの試みは、

わずかな、わずかな、わずかなもの…ほどにもないかも。。。
でも、「震災」とかそんなんじゃなく、
人と出会い、互いに興味をもちあい、糸が1本・2本と増えていく…
そんな実感ができることが、とってもとっても嬉しく感じました。

3月16日から、また石巻に行ってきます。

<これまでの訪問>

・9月23日  http://mugen.k-w-m.jp/1493
・10月21日  http://mugen.k-w-m.jp/1630
・11月25日 http://mugen.k-w-m.jp/1671
・12月2日  http://mugen.k-w-m.jp/1714

PAGE TOP