コドモの力はむげんだぜ!

2015年7月

子どものまち子ども会議 in石巻


日時:7/19(日)
場所:石巻子どもセンター

石巻で第2回子どものまち店長会議を開催!

小中学生が約20名集まり、ワクワクのお店や会社を考えました。
飲食、スイーツ、学校・保育、ファッション、ものづくり、公共の4つに分かれ、
やりたい会社やお店に、それぞれの特技や好きなことをかけ算して、
自分もお店の人もお客さんもワクワクする内容を考えました。

お笑いが好きな人が運営する「お笑い芸人たこ焼き屋」や
お金を出していきたくなる遊び満載の学校「迷路学校」、
マンガ喫茶ならぬ「マンガ銀行」など、ステキなお店のアイディアばかり。
今後、夏休みに会議や研修を重ねて当日を迎えます。
どんなまちになるか楽しみでーす!

午後は、今年の会場となるまち・道・空き地をリサーチと実行委員会の打ち合わせをしました。


スタッフ勉強会、団体支援@石巻

日時:2015年7月3日、5日
場所:NPO法人 にじいろクレヨン(宮城県石巻市)
担当:森 玲子
◎団体支援(研修)事業
●第2回「対人支援の基礎②」
 ・(ワーク)自分を知る-「価値観」に気づく-
   ・相手理解-ライフヒストリーと、人を取り巻く「環境」-
 ・ソーシャルワークの価値-大切にするもの-
 ・(事例検討)-相手理解と「役割」としての関わり-
 ・(ワーク)関係性を可視化する-ジェノグラム・エコマップ-

7月3日、NPO法人にじいろクレヨンスタッフ向けワークショップを実施しました。

テーマは「ものの見方」。
人と関わることを仕事とするスタッフは、時に自分自身でなく「立場」で接することを必要とする場面があります。
「立場」で状況(人)と関わるということは、役割という意味でももちろんそうですが、「自分」を守る意味でも、大切な取り組みです。
今回は、その第一弾。

石巻や仙台で生まれ育ったスタッフたちの中には、震災以前に対人の仕事をしていた方はいません。

だから、「自分」と「立場」を分けて、人と接するということは、初めての感覚で、そしてとてもしんどいことです。
半年以上前から代表の柴田さんとあたためたワークショップ。

自分自身の価値観に触れながら、それを大事にしながら、少人数で、じっくりじっくり。

終了後は、みんなぐったり。
でも、この取り組みが、自分自身を守ってくれると信じて、にじいろクレヨンでは継続していく予定です。

5日には、にじいろクレヨンの今後の運営について相談を受け、今後の活動についてなどを話し合いました。

【団体支援(研修)事業】

2015年度、「にじいろクレヨン」より依頼を受け、職員向け研修および職員からの相談対応(及びスーパーバイズ)を実施。専門性(価値・知識・スキル)を学ぶ機会を創出した。
※石巻において、仮設住宅・復興公営住宅・地域のコミュニティセンター等で子どもを中心とした支援活動を実施しているNPO法人にじいろクレヨンでは、今後ますます必要とされるソーシャルワークの機能を発揮できる職員を育成する必要性を感じている。

 

仮設住宅訪問@石巻市須江

日時:2015年7月4日
場所:石巻市須江仮設住宅
担当:森 玲子
◎子どもと大人が対等に共にいる空間づくり

毎月訪問している、須江の仮設住宅へ。

2日後の七夕に向けて「願いごとを書きたい」の声に、急遽短冊を書くことになりました。
二年前、同じ仮設住宅で七夕かざりを作ったとき、住民の皆さんの
「願いごとなんて、書けない」
「ほんとの願いなんて書かなくていいんだから、なんか書けば?」
というやり取りが心に残っています。
みんなの願いが、叶いますように…。



PAGE TOP