コドモの力はむげんだぜ!

2015年8月

「被災野に大きな花アート」石巻アートイベント2015

11870878_794466040667117_796510223319099736_n
日時:8/11(火)9:30~18:00
場所:
第一会場:門脇小学校体育館(宮城県石巻市門脇町4-2-11)
第二会場:中瀬公園(宮城県石巻市中瀬2-7石ノ森萬画館となり)

復興庁による心の支援事業の助成を受けた当活動に、

弊団体も第二会場のアートリーダーとして参画しました。
石巻日本製紙から協賛頂いたロール紙を25m広げ描いた樹の周りに、
参加者に自由に「花」を描いてもらいました。
11863437_794466020667119_2408090798505076840_n DSC_3347
刷毛などは敢えて使わず、スポンジやダンボール、ティッシュや靴、
そして全身を使って色を感じ、石巻を感じ、思い思いの一人一人の花を描いてもらいました。
感性のままに色を混ぜ合わせ、豪快に色を飛ばしてくれた障がいを持った男の子。
全身に色を塗り、色を楽しみながら木の上を走ってくれた女の子。
初めて来た石巻で住民と共に花に想いを載せてくれた東京から来たボランティアの学生さんたち。
みんなの想いが一つになり、とても素敵な花アートが完成しました☆
11866379_794466100667111_242910873038049377_n
最後に第一、二会場の完成したアートを持ち寄り、
その前で神楽舞と花所望を行いました。
住民のみなさまをはじめ、多くの関連企業と連携した今後に続くイベントとなりました。
ありがとうございました。

子どものまち「子ども会議」㏌ 石巻

日時:8/9(日)
場所:石巻子どもセンター

石巻で第3回子どものまち店長会議を開催!

まず、大人も子どもも当日の全体の動きを共有した後に、
グループに分かれて、各店や会社で、お仕事内容・時間・給与(マキー)を決めました。

例えば、お笑いたこ焼き屋さんでは、生地を練る仕事や焼く仕事、
レジをする以外にも並んでいる人を楽しませること。
子どもマンガ館では、漫画を描く 編集・印刷する、漫画を売る以外にも
アニメの上映や漫画の貸出、一コマのコンテントの運営などいろいろなアイディアがでました。

また、お客さんに提供するサービスや商品の内容、価格も話し合い、

お店の名前を決めました。
午後は、大学生のボランティアさんと実行委員会が当日までのタスク各店の課題を抽出し、対策を考えました。

仮設住宅訪問@石巻市須江

日時:2015年8月8日
場所 :石巻市須江地域の仮設住宅
担当 :森玲子
◎子どもと大人が対等に共にいる空間づくり
川開きから1週間後の石巻。
昨日までのうだる暑さがウソのように、今日は、涼しい1日でした。
いつもの仮設住宅で、子どもと大人が入り混じって、
ぎゅうぎゅうしながら過ごしました。

ここの仮設では、子どもが子ども扱いされず、

大人が大人の役割を期待されない場が生まれています。
お互い人として尊重しあい、対等にいる雰囲気は、とても心地よいです。
そんな場を作るのは、そこにいる子ども・大人、全ての人たちの存在ですが、
きっと「大人」の振る舞いで簡単に壊れてしまうだろう…と感じます。

仮設住宅は、毎月少しずつ確実に空き部屋が増えています。
子どもたちも、夏休み中に引越す話をしています。
このような場は、実際の「場所」やスタイルが変わっても、
そのスピリットは継続されると思います。
そして「その時」のために、最後まで仮設住宅での活動を大切にしていきたいと改めて感じました。


PAGE TOP